• HOME
  • 高齢者・障がい者

障がいとは

nt_64.jpg  

これまでは,「障がい」とは,ある人個人の病気やその他の健康状態から生じたものであって,その人の行動を妨げるものを指すと理解されてきました。たとえば,目が見えないこと,耳が聞こえないこと,足が動かないことといった心身の状態 そのものが障がいであると理解されてきたのです。


このような障がいの捉え方を,障がいの「医学モデル」と言います。「医学モデル」によれば,障がいとは,個人の責任で乗り越えて,障がいのない人と同じように社会で生きられるよう自ら改善すべきものと考えます。

しかし,このような障がい観は,すでに過去のものとなりつつあります。現在では,「障がい」を」社会の問題と捉える「社会モデル」という考え方がグローバルスタンダードになりつつあります。

「社会モデル」によれば,それぞれに異なる心身の状態に対する社会環境の整備が不十分であること,そして,それゆえに,生きにくいと感じること,それこそが障がいであると考えます。医学モデルによって障がいと捉えられていた,「心身の状態」は,そもそも人それぞれ異なっていて当然なのだから,それ自体を障がいと捉える必要はないと考えるのです。


たとえば,足が動かなくて車椅子を利用している人でも,スロープが設置され,エレベーターが設置され,段差が全くない環境であれば,何ら不自由を感じることはありません。社会側の環境整備が十分であれば,足が動かない人にも障がいはないのです。


このように,個人を取り巻く社会の側が,個々人の心身の状態にあった社会を構築出来ていないことこそが障がいと考えると,障がいを改善する努力をすべきなのは,個人ではなく社会であるということになります。つまり,社会には,そういった社会的障壁に基づく個々人の生きにくさを解消する責任があるのです。


この「医学モデル」から「社会モデル」への障がい観の転換は,単なる学説や考え方の1つというわけではありません。平成23年の障害者基本法改正でも社会モデルの考え方が取り込まれていますし,平成26年1月に批准された障害者権利条約でも,社会モデルに基づく障がいの理解がなされています。現在の日本における障害者福祉施策は,こうした流れに則っているのです。
 


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.