弁護士による利息制限法に従った再計算

nt_15.jpg   利息制限法とは、お金の貸し借りをするにあたって、「これ以上の利息を取ってはいけない」という歯止めをかけている法律です。

利息制限法では、利息の上限が次のように定められています
①元本額が10万円未満の場合  年20%
②元本額が10万円以上100万円未満の場合 年18%
③元本額が100万円以上の場合  年15%

それにもかかわらず、これまで、貸金業者(特に消費者金融)は、この利息制限法の規定を堂々と無視し、例えば29.2%などという違法な高利率で利息を取り続けていました。そのため、お金を借りている人は、いくら返済をしても元金が全く減っていないと誤解し、貸金業者から請求されるがまま支払を続けてしまっていました。

しかし、利息制限法の規定に違反するような高い利率で利息を取ることは違法なのですから、利息制限法が定める利率の上限を超える部分の利息支払の合意は無効なのです。そのため、たとえば、残元本が50万円という状態で、貸金業者から29.2%の利息支払を求められ、これを支払った場合、18%までの部分は利息の支払いとして有効になりますが、それを超える残りの11.2%の部分は、元本の支払に充てられることになります。


ゆえに、これを長い間繰り返していれば、自分としては利息しか支払っていないと思っていても、本当は少しずつ元本が減っていっているということになるのです。

ですから、取引履歴に基づいて弁護士が再計算を行えば、利息制限法に従った本当の借金残額がわかるのです。

 

借金問題でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●借金問題でお悩みの方へ ●借金整理の方法
●弁護士による利息制限法に従った再計算 ●任意整理
●自己破産 ●個人再生
●過払金返還請求 ●借金完済後の過払い

Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

088-879-0217│高知市で法律相談のご予約弁護士紹介弁護士費用

ImgLS4.jpg

ImgLS3.jpg

ImgLS2.jpg

高知市の弁護士なら中西・髙野法律事務所概要│088-879-0217 アクセスマップ 対応エリア

当事務所の運営サイト

中西・髙野法律事務所ImgLS2_6.jpg

c25_logo.jpg

Google+

 

対象エリア

高知中央地域

高知市、南国市、香美市、香南市
 

安芸地域

安芸市、安芸郡
 

嶺北地域

長岡郡、本山町、大豊町、土佐郡、土佐町、大川村
 

仁淀川地域

土佐市、吾川郡、いの町、高岡郡、日高村
 

高吾北地域

吾川郡、仁淀川町、高岡郡、佐川町、越知町
 

高幡地域

須崎市、高岡郡、中土佐町、四万十町、檮原町、津野町
 

幡多地域

四万十市

Copyright (C) 高知市の弁護士 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.