12級と14級の違い

nt_02.jpg  
むちうちは,後遺障害として等級認定をされた場合,14級9号あるいは12級13号に認定され得ます。
 
それでは,どのような違いによって,14級9号に認定される場合と12級13号に認定される場合に分かれるのでしょうか。
14級9号は,「局部に神経症状を残す」場合に認定されます。
一方,12級13号は,「局部に頑固な神経症状を残す」場合に認定されます。
これを見ると,両者の違いは,「神経症状の程度が頑固かどうか」にあることがわかります。

ここで注意すべきなのは,ここでいう「頑固」とは,一般的な日本語での意味とは用法が異なっているという点です。つまり,ここでは,必ずしも神経症状の程度を問題にしているわけではないのです。

当事務所にご相談にいらっしゃる方の中には,インターネット等で事前に情報収集をされており,「局部に頑固な神経症状が残る場合が後遺障害の12級該当である。」ということをすでに調べていらっしゃる方がいます。それらの方は,ご自身の神経症状がどんなにひどいものなのかを切々と訴えて,「だから自分は12級該当だと思う。」ということを言われます。

しかし,残念ながら,いかに辛い自覚症状があろうとも,自覚症状を訴えるだけで12級13号に認定されることはありません。上で述べた通り,後遺障害の12級13号と14級9号とを分かつ「頑固な」とは,一般的な日本語とは用法が異なるからです。

結論を申し上げれば,この場面でいう「頑固な」とは,「神経症状につき他覚的な証明がある」ということを意味します。つまり,自覚症状があるのは当然として,それを前提として,当該自覚症状を引き起こしている病変について,医学的な証明が与えられることが必要なのです。

後遺障害等級認定の場面では,自覚症状といういわゆる「結果」もさることながら,その「原因」となっている病変の有無が最も重要視されます。

ですから,交通事故の被害者の方が本当にやるべきことは,MRI等の画像所見や,神経学的所見から,ご自身の辛い神経症状を引き起こしている病変を究明することなのです。

むちうち症に苦しみながら,被害者の方が独力でこうした作業を進めて行くのは困難であると思います。そこで,弁護士による後遺障害等級認定サポートをぜひご利用頂きたいと思います。

 

交通事故被害でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●交通事故でお悩みの方へ ●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●保険会社とのやりとりについて ●後遺障害(後遺症)とは?
●交通事故分野の解決事例 ●弁護士費用特約について
●むちうちについて ●むちうち治療のポイント
●12級と14級の違い  


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

088-879-0217│高知市で法律相談のご予約弁護士紹介弁護士費用

ImgLS4.jpg

ImgLS3.jpg

ImgLS2.jpg

高知市の弁護士なら中西・髙野法律事務所概要│088-879-0217 アクセスマップ 対応エリア

当事務所の運営サイト

中西・髙野法律事務所ImgLS2_6.jpg

c25_logo.jpg

Google+

 

対象エリア

高知中央地域

高知市、南国市、香美市、香南市
 

安芸地域

安芸市、安芸郡
 

嶺北地域

長岡郡、本山町、大豊町、土佐郡、土佐町、大川村
 

仁淀川地域

土佐市、吾川郡、いの町、高岡郡、日高村
 

高吾北地域

吾川郡、仁淀川町、高岡郡、佐川町、越知町
 

高幡地域

須崎市、高岡郡、中土佐町、四万十町、檮原町、津野町
 

幡多地域

四万十市

Copyright (C) 高知市の弁護士 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.