むちうちについて

nt_68.jpg  

むちうち損傷は,交通事故等により頚部が振られたことによって生じた頭頚部の衝撃によって,外傷性の異常の伴わない頭頚部症状を引き起こしているものの総称として捉えられている傷病です。

交通事故を契機として生じる症状としては,最もポピュラーなものの1つといえるでしょう。

なお,「むちうち」という名称はいわゆる俗称であり,正式な傷病名ではありません。診断書上では,「頚椎捻挫(けいついねんざ)」,「頚部挫傷(けいぶざしょう)」,「外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)などの傷病名が付されることが多いでしょう。

むちうち症になった方は,首の痛み,手足のしびれや痛み,握力低下,頭痛,めまい,吐き気など,様々な症状を呈するようになります。

「むちうち」という傷病名は,あまりにも一般的なものであるため,交通事故の被害に遭われた方の中には,「医師からむちうち症だと言われた。しかし,むちうち症は後遺障害とは認めてもらえないのではないか?」と誤解されている方も多いのではないでしょうか?

確かに,むちうち症は,外傷性の異常を伴わないのが通常であるため,簡単に後遺障害として認定してもらえるわけではありません。むちうち症の場合,骨折などとは異なり,X線写真を撮ったからといって,病変箇所を特定することが出来ないからです。

しかし,たとえ画像上で病変箇所が特定できなくても,様々な神経テストや筋力テストを行うことで,病変箇所を推測させ,むちうち症について後遺障害の認定を受けることは可能です。

したがって,むちうち症で後遺障害の認定を受けるためには,受傷後の早い時期から適切な治療を続け,然るべきタイミングで適切な検査を正しく実施してもらうことが欠かせません。

最後に,むちうち症について認定され得る後遺障害等級は,次の通りです。

 

1 12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)

   労働能力喪失率        14%
   労働能力喪失期間      5年~10年

 

2 14級9号(局部に神経症状を残すもの)

   労働能力喪失率        5%
   労働能力喪失期間      5年以下

 

交通事故被害でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●交通事故でお悩みの方へ ●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●保険会社とのやりとりについて ●後遺障害(後遺症)とは?
●交通事故分野の解決事例 ●弁護士費用特約について
●むちうちについて ●むちうち治療のポイント
●12級と14級の違い  


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

088-879-0217│高知市で法律相談のご予約弁護士紹介弁護士費用

ImgLS4.jpg

ImgLS3.jpg

ImgLS2.jpg

高知市の弁護士なら中西・髙野法律事務所概要│088-879-0217 アクセスマップ 対応エリア

当事務所の運営サイト

中西・髙野法律事務所ImgLS2_6.jpg

c25_logo.jpg

Google+

 

対象エリア

高知中央地域

高知市、南国市、香美市、香南市
 

安芸地域

安芸市、安芸郡
 

嶺北地域

長岡郡、本山町、大豊町、土佐郡、土佐町、大川村
 

仁淀川地域

土佐市、吾川郡、いの町、高岡郡、日高村
 

高吾北地域

吾川郡、仁淀川町、高岡郡、佐川町、越知町
 

高幡地域

須崎市、高岡郡、中土佐町、四万十町、檮原町、津野町
 

幡多地域

四万十市

Copyright (C) 高知市の弁護士 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.